インドの新物品サービス税(GST)導入=金市場


インドでは7月1日から独立後で最大とされる税制改革が実施された。
新税「物品サービス税(GST)」。

これにより、州ごとに異なる税目で課してきた15を超える既存の間接税が廃止となり、全国統一のGSTに集約された。

1200を超える品目で税率は5%、12%、18%、28%の4段階に分かれる。
ちなみに、金販売価格のGSTは3%です。※財務省中央間接税局が6月3日に発表。

金の販売価格では、いままでは金価格に対して10%の関税、消費税1%、付加価値関税1.2%が付加されていたが、新税では消費税、付加価値関税が廃止されてGSTの3%が付加される。

税金は、一律13%(関税:10%+GST:3%)になり、一括で払えるようになった。

GST税の導入で金価格はGST導入前に比べて上昇するため、短期的には金を買い控える動きを予想する向きもある。

 

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物