上値を試す展開から好機を待つ!=東京金


▼東京金 日足チャート

25日の東京金は前日比23円高の4503円近辺で堅調に推移しています。

日足ベースで分析すると、実線は25日EMAをサポートに直近高値を上抜けてきました。

これにより、目先は2/16高値の4512円を上抜けるかどうかが焦点になってきました。

▼東京金 週足チャート
週足ベースで分析すると、実線は3月13日安値から新しいボトムサイクルを形成しており、今週で10週目を形成中です。
平均ボトムサイクルが21週ですので、残り11週であり、ちょうど折り返し地点に差し掛かっています。

昨年3月に4622円の高値を示現してからは昨年7/20高値4523円や今年3/2高値4553円が上限となっています。

目先、上値の重要節目は昨年7/20高値4523円や今年3/2高値と今回のボトムサイクルの暫定トップである5/1高値を結んだ延長ラインが強い抵抗帯として意識されます。

昨年以降の流れを考慮すれば、この抵抗帯で上値を抑えられる可能性が非常に高いと云えますが、仮に上抜ける場合は5/2高値4553円を試す展開に変化することになります。

上記の分析から今後の戦略としては、相場付が非常に神経質であるため、トップをどこで付けるかをしっかり見極める必要がありそうです。

最大上昇ターゲットが3/2高値4553円ですので、現行の水準からまだ50円の値幅があります。
焦らずに、エントリーポイントの好機を待つことが得策かと考えます。
売りのエントリーポイントの一例としては、実線が7/20高値4523円を短期的に上抜けた後に再び実線が下落し平均足が陰転する時間帯です。

なお、ここからの買い戦略についてはもう少し様子をみる必要がありそうです。

<メールマガジン>
メールアドレスを登録すると[スペシャル分析][ストラテジー]が更新されたとき等にメールでお知らせします。


 

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物