東京ガソリン 現状分析&ストラテジー 12月14日版


tk-gaso20161214d1
■東京ガソリン
東京ガソリンは前日比280円安の52860円で引けました。
実線は一時53820円まで上昇する場面もありましたが、前日の高値に迫ることはできなかったことで次第に上値の重さを露呈したカタチです。

RSIは67%近辺で推移しました。RSIのサポートラインを維持していることで中段保ち合い圏ながら、上値へのバイアスに変化はありません。

平均足は4営業日連続で陽転しています。ただ、前日の高値を更新できなかったことで、その勢いは徐々の弱まっていると云えるでしょう。

ボトムサイクルは本日で25日目を形成しています。平均ボトムサイクルが40日ですので折り返し地点に到達しています。大陽線を形成した後の相場が上値を抑えられていることを考慮すると、買い方は一旦撤収する場面と云えるでしょう。52970円以下の買いポジションは一旦撤収です。
目先の注目ポイントは、RSIのサポートラインを下抜けるかどうか、平均足が陰転するかどうかです。この両方のサインが点灯する場合は売りエントリーの急所になりそうです。

【売買】52970円以上のプラス圏で一旦利確

 

メールでレポートを受け取りたい方は無料メルマガにご登録ください。


上記のコメントはフラクタルシステムズ社が開発したアストロで分析しています。
商品会社のアナリストなども活用している高機能分析ソフトです。
一般向けでは唯一、エボリューションジャパン社のオンライン取引EVOCXが
相場情報ツール「super LETACE」と称して無料で提供しています。

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物