東京ゴム 現状分析&ストラテジー 11月30日版


tk-gum20161130d1
■東京ゴム
東京ゴムは前日比11.8円安の228.1円で引けました。売りが活発となり、大陰線を形成しました。これにより、11/29高値245.6円がトップになる可能性が高まってきました。

RSIは49%近辺で推移しています。上昇過熱圏から50%ラインを下抜けたことで、トップ形成から下降波を形成する展開を暗示しています。
平均足は16営業日ぶりに陰転しました。長い陽転の後の陰転ということで波動の変化を示唆するカタチです。ただ、あまりにも長いラリーのあとの陰転の場合、同水準でボックス相場を形成する可能性もあります。今回はその状態に含まれます。

ボトムサイクルは19日目を形成しています。平均ボトムサイクルが26日ですので、残り7日程度でボトムを形成する可能性があります。

11/29高値245.6円がトップになる可能性が高まってきました。
売りエントリーの見極めとして指摘してきた、RSIの50%ライン下抜け、平均足の陰転が現実のものになりました。つまり、これで売りエントリーの上限が揃ったということになりますので試し売りになります。

【売買】売りポジション保有

 

メールでレポートを受け取りたい方は無料メルマガにご登録ください。


上記のコメントはフラクタルシステムズ社が開発したアストロで分析しています。
商品会社のアナリストなども活用している高機能分析ソフトです。
一般向けでは唯一、エボリューションジャパン社のオンライン取引EVOCXが
相場情報ツール「super LETACE」と称して無料で提供しています。
↓     ↓     ↓


参考になったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ
先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物