東京ゴム 現状分析&ストラテジー 11月17日版


tk-gum20161117d1

■東京ゴム
東京ゴムは前日比0.7円高の213.1円で引けました。
実線は買い優勢の展開に一時217.1円まで上昇する場面もありましたが、その後は戻り売りが活発となり、上ヒゲ陰線を形成しました。

RSIは79%近辺で推移しています。買われ過ぎ圏で推移していることから、引き続き上値を試す展開も想定されます。
平均足は9営業日連続で陽転しています。上昇過熱感が出始まる時間帯に入っていますので、ここからはトップを形成する時間帯です。

ボトムサイクルは11日目を形成しています。日柄がまだ浅いものの、値幅では大きく上昇幅を広げているため、ここからはトップ形成を模索する展開が想定されます。
目先、売りエントリーの見極めとしては、(1)4/13高値ライン(ボトムサイクルのトップ)を下抜けること、(2)RSIが50%ラインを下抜けること、(3)平均足が陰転すること、などを確認する必要があります。
引き続き各テクニカル分析が売りサインが点灯するまでは静観です。
【売買】静観

 

メールでレポートを受け取りたい方は無料メルマガにご登録ください。


上記のコメントはフラクタルシステムズ社が開発したアストロで分析しています。
商品会社のアナリストなども活用している高機能分析ソフトです。
一般向けでは唯一、エボリューションジャパン社のオンライン取引EVOCXが
相場情報ツール「super LETACE」と称して無料で提供しています。
↓     ↓     ↓


参考になったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ
先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物