石油動向、11月30日の総会に注目=OPEC


サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は19日、ロンドンで開催された「オイル&マネー会議」で、石油市場のファンダメンタルズ改善と需給の再均衡化が進んでいるため、石油の下降局面は最終段階にあり、産油国が供給を制限することで状況は一段と改善すると述べた。

OPEC非加盟産油国は、OPECと協調し増産凍結だけでなく、削減にも協力する姿勢を見せている。

OPECは9月28日のアルジェリア会合で、産油量を日量3250万~3300万バレルの水準に制限することで合意。11月30日の総会で、詳細を固める方針。

ロシアのノバク・エネルギー相は19日記者団に対し、今週末にサウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相と、世界石油市場における協調行動の可能性について協議する計画だと述べた。

 


参考になったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ
先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物