東京白金 今後の展望 10月13日版


tk-pla20161013d1

■東京白金
東京白金は前日比1円高の3156円で引けました。
実線は一時3171円まで上昇する場面もありましたが、その後は買いが続かず、上ヒゲの陽線を形成しました。
RSIは18%近辺で推移しています。依然下落過熱圏で推移していることでボトムを探る展開です。
平均足は8営業日連続で陰転しています。引き続き下値を試す展開を暗示していますが、徐々にボトム形成の時間帯に絡んでいると云えます。
タイムサイクルは本日で31日目を形成しました。日柄はまだ浅いものの、6/24安値を達成したことから、ボトム形成の時間帯に入った可能性が高まります。
実線が6/24安値に到達したことはインパクトが大きいと云えます。またRSIや平均足についてもボトムを形成する時間帯ですので、そろそろボトムを付ける可能性が高まります。
ただし、現状はまだ買いサインを点灯していませんので静観です。

【売買】 静観

 


参考になったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ
先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物