東京ゴム テクニカル分析 9/26


tk-gum20160926d1

■東京ゴム
東京ゴムは前日比0.5円安の168.5円で引けました。
実線は先週末の高値を上抜けることができず、売り優勢の展開に陰線を形成しました。
RSIは81%近辺で推移しています。既に上昇過熱圏に到達していることから、9/23高値がトップになる可能性が高まってきました。
平均足は7営業日連続で陽転しており、目立った反転サインは点滅していませんが、徐々に上昇過熱感が高まってきますので、下降波を形成する時間帯に絡んできたと云えそうです。
ボトムサイクルは今日で21日目を形成しています。平均足同等に下降波を形成する時間帯に絡んでいることから、これからは日々下落リスクが高まっていくものと考えられます。
週足ベースでは依然一目均衡表の中で推移していますが、雲下限(166.5)を下抜けるようなら、下落リスクが更に高まってくると云えます。
日足ベースでは200日EMAや5/31高値165.8円が節目として意識されそうです。
目先は買いポジションを利確、166.5円を下抜けて売り参戦が有効と考えます。

【売買】買いポジションは利確 ※166.5円を下抜けて売り参戦

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ
先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物