東京ゴム テクニカル分析 9/15


tk-gum20160915d1

■東京ゴム
東京ゴムは前日比0.1円高の157.9円で引けました。
実線は一時156.6円まで下落する場面もありましたが、その後は底堅い展開となり、長い下ヒゲ陰線を形成しました。ただ、7月高値と9月高値を結んだ延長ライン(レジスタンスライン)が上値を抑えたカタチとなったため、上昇力は強くなりようです。

RSIは59%近辺に上昇しました。依然中段保ち合い圏での取引が継続されているため、レンジ相場からは脱していない状態です。
平均足は2営業日連続で陽転しています。振れ幅は大きいものの、方向感は定まらない状態が続いています。
ボトムサイクルは今日で16日目を形成しています。日柄としてはまだ浅い状態ですが、時間の経過とともに下落リスクが高まってきます。
週足ベースでも依然25週EMAが抵抗として機能していることから目先は引き続き下値試しの展開が想定されます。
売りポジションは維持です。

【売買】売り維持 ※7月高値と9月高値を結んだ延長ラインを上抜けて一旦撤収

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ
先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物