東京白金 テクニカル分析 9/13


tk-pla20160913d1

■東京白金
東京白金は前日比16円安の3452円で引けました。
実線は8/29安値を下抜けて一時3390円まで下落しました。ただ、その後は押し目買いが活発となり、長い下ヒゲ陰線を形成しました。
これにより、昨日指摘した8/29安値を下抜けた後の下ヒゲ(ピンバー形成)となったことで売りポジションの利確となりました。
RSIは25%近辺で推移しており、中段保ち合い圏を下抜けていることで目先の下降波形成を暗示するカタチです。
平均足は3営業日連続で陰転しました。これにより、目先は下降波形成を暗示するカタチです。
タイムサイクルは本日で12日目を形成しました。日柄がまだ浅いため、上下どちらにも動く可能性があります。今回のピンバー形成で再び上昇調整する可能性は十分あります。
8/29安値34430円を下抜けたことで売りポジションは一旦利確となりました。
目先は戻り売りスタンスが維持されます。上値ターゲットは雲下限を上抜ける水準です。

【売買】 戻り売りスタンス ※雲下限を上抜けて改めて売り参戦へ

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ
先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物