東京ゴム テクニカル分析 9/6


tk-gum20160906d2

■東京ゴム
東京ゴムは前日比0.1円安の158.4円で引けました。
実線は一時159.9円まで上昇しましたが、心理的節目の160.0円に届かずに長い上ヒゲ陰線を形成しました。これは重要な水準でのピンバー形成ですので、上値の重さを確認するサインとも言えます。
RSIは70%近辺で推移しています。中段保ち合い圏上限を若干上抜けたカタチです。レンジ相場から脱したようにも見えますが、実線が長い上ヒゲを形成したことを考慮すると、引き続き7日の相場を確認したいところです。
平均足は4営業日連続で陽転しています。現時点では上値を試す展開です。
ボトムサイクルは今日で9営業日目を形成しています。日柄がまだ浅いため、判断が難しい時間帯ですが、先週末にコメントした「160.0円近辺では戻り売りが控えていると判断」が現実のものになっていますので、下落リスクは払しょくされていないと判断します。また、週足ベースでは25週EMAが抵抗として機能しているため、週足においても下落リスクは払しょくされていない状態です。
現状、少量の売り維持ですが、仮に25週EMA(160.7円)を上抜ける場合は一旦撤収となります。逆に売り有利の展開になるには、実線は雲を下抜けることや平均足が陰転することです。
上記以外の状況のうちは少量の売り維持です。
【売買】少量の売り維持
※25週EMA(160.7円)を上抜ける場合は一旦撤収

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ
先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物