東京ガソリン テクニカル分析 9/6


tk-gaso20160906d2

■東京ガソリン
東京ガソリンは前日比660円高の40870円で引けました。
実線は一時41550円まで上昇する場面もありましたが、その後は戻り売りが活発となり、長い上ヒゲを形成しました。
これにより、上値は8/29の高値や一目均衡表の雲上限が抵抗として機能したカタチです。
RSIは59%近辺に上昇していますが、依然30%-70%の中段保ち合い圏で推移していることで、レンジ相場形成を暗示するカタチです。つまり、下落リスクは払しょくされていません。
平均足は4営業日ぶりに陽転しました。4営業日目で陽転したことで、先週末までの下げがダマシとなりました。今回の陽転が継続できるか注目されます。
ボトムサイクルは今日で24日目です。本日の上ヒゲ陰線で8/29の高値がトップになった可能性は依然高いと云えます。
また、週足ベースで実線が25週EMAや一目均衡表の雲が抵抗として機能しているうちは下落リスクは払しょくされないでしょう。一喜一憂せずに臨みたいところです。
25日EMAを再び下抜ける場合は追随売りです。逆に8/29の高値41720円を上抜ける場合は売りポジションは一旦撤収です。
【売買】売り維持 ※25日EMAを下抜けて追随売り。41720円を上抜けて売りポジションは一旦撤収。

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ
先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物