東京白金 テクニカル分析 9/2


tk-pla20160902d2

■東京白金
東京白金は前日比5円安の3471円で引けました。
実線は上下に変動しましたが、上値は雲下限が抵抗となり、下値は直近安値がサポートラインとして機能したカタチですが、陰線引けということで若干売り優勢の状態です。
RSIは27%近辺で推移しており、中段保ち合い圏の30%ラインを下抜けていることで、目先の下降波形成を暗示するカタチです。
平均足は3営業日連続で陰転しました。これにより、下値を試す展開を暗示するカタチです。
タイムサイクルは今日で19日目を経過しました。前回のサイクルが31日ですので、日柄はまだまだ浅いと云えます。
週足ベースで考察しても実線は25週EMAが抵抗として機能し、長い上ヒゲ陰線を形成しましたので、雲下限を試す可能性が高まります。
現状、日柄が浅いことから上昇余地が残っていますので、思わぬ上昇も想定して試し売り程度の枚数で様子を見ることも一考ですし、今日の相場で実線が一目均衡表の雲を完全に下抜けたため、売り増しも一考です。ただ、今晩、米雇用統計の発表があり思わぬ乱高下も想定されますのでこういったイベントのときはポジションは増やさないほうが良いでしょう。
【売買】少量の売り維持

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ
先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物