東京ゴム テクニカル分析 9/1


■東京ゴム
東京ゴムは前日比3.9円高の155.9円で引けました。
実線は買い優勢の展開に25日EMAを上抜けて陽線を形成しました。
これにより、RSIは再び50%ラインを上抜けて61%近辺に上昇しています。ただ、30%-70%の間の中段保ち合い圏で推移していることから、レンジ相場を継続している状況です。
平均足は再び陽転しました。2・3営業日で途転しましたので、昨日の陰転もダマシとなりました。この場合は大きな変動は期待できないと思ったほうが良いでしょう。相場の変動に一喜一憂すると、振り回されるだけです。
ボトムサイクルは今日で6営業日目を形成しています。日柄がまだ浅いため、判断が難しい時間帯であり、今日の上昇のように上下どちらにも動く可能性があります。
週足ベースで分析すると、もう一段の下落を示唆するカタチとなっているため、買い参戦は控えています。これは結果的にいまのところ正解となっています。絶好の買い参戦の水準については、以前より指摘しているとおり145.9円以下です。日足ベースでは148.6円でボトムを付けましたので、次のボトム形成のときに145.9円を割り込む可能性があります。
日柄が浅いため、もうしばらくはレンジ相場を形成する可能性が高いため、引き続き静観です。
ただ、75日EMAを上抜ける上昇がある場合は試し売りも一考です。

【売買】静観 ※75日EMAを上抜ける水準は試し売り

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ
先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物