CMEグループ オープン・アウト・クライによる立会場先物取引を7月2日で廃止


CMEグループは、オープン・アウト・クライによる立会場先物取引(日中取引)を7月2日を最後に廃止することを決定した。

◆CME グループについて
https://www.cmegroup.com/ja/about/global-offices.html

世界の市場参加者はCME グループの国際金融市場への公正かつオープンなアクセスに厚い信頼を寄せています。CME グループの中核はCME、CBOT、NYMEX、COMEXの4つの主要取引所で、世界を代表するベンチマーク銘柄や地域特有の成長商品など、すべてのアセットクラスを網羅して幅広く提供しています。

電子取引プラットフォームCME Globex、シカゴとニューヨークの売買立会場、そして業務提携によるグローバルネットワークを通じて、市場参加者による直接接続と、欧州、アジア、中南米の通信ハブにより、CME グループは買い手と売り手が世界中から、24時間一堂に会する場となっています。

賢い商品トレーダーはネット商品先物のトレード口座を最低2社以上を保有しています。
もしあなたが使用している取引会社のシステムがダウンしたら、あなたは大きな損失を被るでしょう。
あるいは、あなたが使用している情報サービスに他者が提供するサービスに劣っていたとしたら、あなたは機会損失を被ることになります。
もしあなたが1社の取引口座しか保有していないのであれば、いますぐ最低でも1つの口座を増やすことをお勧めします。
最も効果的なことは3・4社の取引口座を開設して、各口座のサービスを研究し、メインの口座、サブの口座、情報収集の口座などに分けて利用することです。

 

賢い商品トレーダーはネット商品先物のトレード口座を最低2社以上を保有しています。
もしあなたが使用している取引会社のシステムがダウンしたら、あなたは大きな損失を被るでしょう。
あるいは、あなたが使用している情報サービスに他者が提供するサービスに劣っていたとしたら、あなたは機会損失を被ることになります。
もしあなたが1社の取引口座しか保有していないのであれば、いますぐ最低でも1つの口座を増やすことをお勧めします。
最も効果的なことは3・4社の取引口座を開設して、各口座のサービスを研究し、メインの口座、サブの口座、情報収集の口座などに分けて利用することです。

▼お勧めの商品先物口座▼
お勧め商品先物会社 width=

 

 

 

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物