ゴールドマン・リポートでカリー氏ら「OPECは生産能力を拡大」


ジェフリー・カリー氏らゴールドマンのアナリストは電子メールで配布した5月18日付のリポートで、3月に付けた6年ぶり安値42.03ドルから60ドル付近への回復は時期尚早だと指摘。低いコストで資金を調達できることにより、米生産者に増産抑制を促すためには低価格継続の必要性が一段と強まっていると説明していた。

また、カリー氏とダミアン・クールベイリン氏はリポートで「実際、世界的な市場の不均衡は解消されていない。現在の相場上昇は、バランスを取り戻し始めつつある状況を損なう自滅的なものであることが判明しよう」とも指摘している。

さらに6月5日のリポートでカリー氏は「OPECは生産能力を拡大するとみられる」との見方を示した。
一部メディアの調査によると、「OPECの原油生産能力は日量3750万バレルで、5月の原油生産は3160万バレルだったようだ。
同氏は、シェールオイルの短い周期での生産が、もはやカルテルが存在できない競争市場を作り出したとし、サウジアラビアやその他のコストの低い石油生産国は、収益を最大化するための次の理論上の措置として供給を増やすとみられる」と指摘したようだ。

ゴールドマンサックスグループは、「原油相場は供給過剰と生産者にとっての資金調達コストの低さが市場の重しとなる中、10月までに1バレルあたり45ドルに下落が見込まれる」と予想した。

 

賢い商品トレーダーはネット商品先物のトレード口座を最低2社以上を保有しています。
もしあなたが使用している取引会社のシステムがダウンしたら、あなたは大きな損失を被るでしょう。
あるいは、あなたが使用している情報サービスに他者が提供するサービスに劣っていたとしたら、あなたは機会損失を被ることになります。
もしあなたが1社の取引口座しか保有していないのであれば、いますぐ最低でも1つの口座を増やすことをお勧めします。
最も効果的なことは3・4社の取引口座を開設して、各口座のサービスを研究し、メインの口座、サブの口座、情報収集の口座などに分けて利用することです。

▼お勧めの商品先物口座▼
お勧め商品先物会社 width=

 

 

 

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL