マーク・ファーバー氏の推奨 – 金の買い


専門家10人に聞く2015年の市場見通し

今年は、日本のアベノミクスの失敗を主因として、各国中央銀行に対する信頼が損なわれるだろう。その意味で、私は中央銀行をショートしたいが、その一つの手段は金の買いだ。金、銀、白金の地金買いを推奨する。より高いリターンを求めるならば、金鉱株または上場投資信託(ETF)のマーケット・ベクターズ・ジュニア・ゴールド・マイナーズ(GDXJ)の買いを推奨する。

 

豪ドルの売り:

通貨では、米ドルは1981年から1985年にかけて強気相場を経験した。こうした状況が再び起きれば、豪ドルをショートするだろう。カナダドルと共に豪ドルは割高だ。オーストラリアでは、GDPに占める鉱業投資の割合は、1980年代と1990年代の3%から現在では7%超に達している。住宅バブルもある。銀行における不動産融資の割合は60%で世界最高だ。現在、米ドルに対する強気のコンセンサスは過去最高で、豪ドルに対する弱気センチメントも極めて弱気だ。短期的にこの状況が逆転して豪ドルが3~5%上昇する可能性があり、私はその際に豪ドルをショートしたい。

出所:ウォールストリート バロンズ

 

賢い商品トレーダーはネット商品先物のトレード口座を最低2社以上を保有しています。
もしあなたが使用している取引会社のシステムがダウンしたら、あなたは大きな損失を被るでしょう。
あるいは、あなたが使用している情報サービスに他者が提供するサービスに劣っていたとしたら、あなたは機会損失を被ることになります。
もしあなたが1社の取引口座しか保有していないのであれば、いますぐ最低でも1つの口座を増やすことをお勧めします。
最も効果的なことは3・4社の取引口座を開設して、各口座のサービスを研究し、メインの口座、サブの口座、情報収集の口座などに分けて利用することです。

▼お勧めの商品先物口座▼
お勧め商品先物会社 width=

 

 

 

 

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物