ゴールド予想 バリック・ゴールド(世界最大の産金会社)


<予想した時期>
2012/12/12

<金相場予想>
2013年に1toz=2000ドルも

<理由>
コスト上昇や生産の制約によって供給が抑えられ、各国中銀や中国消費者の需要が引き続き増大するためとしている。
アジアで新たな投資ツールとして貴金属に
ソカルスキー最高経営責任者(CEO)は、経済の不透明感やアジアでの新たな投資ツールでより多くの投資家が貴金属に向かい、供給が需要増に対応しようとするなか、価格上昇の前兆がみられるとの見方を示した。
*
中国の金需要と各国中銀の買いが増えれば
同CEOは「中国が金の購入を増やして金投資需要も拡大し、各国中銀が以前の売りではなく金購入を引き続き増やして需要が増大し続ければ、金価格は来年中に2000ドルか、おそらくそれを上回ると予想できる」と指摘。「一種の需要主導の動きとなるだろう」と見通した。

商品先物キャンペーン 参考になったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 
商品先物 ブログランキングへ 先物投資情報 サヤ取り 原油先物金先物(貴金属) 金投資 商品先物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL