ボリンジャー・バンド


ボリンジャー・バンドは移動平均線とその標準偏差(±1σ、±2σ、±3σ)をチャートに重ねて描き、相場の分布状況から、反転するタイミングを計る指標であり、逆張り、順張りでも応用可能です。

 

統計学上、価格は移動平均線±1σ内には68.3%、移動平均線±2σ内には95.5%、移動平均線±3σ内には99.7%の確率で分布することが知られています。

 

逆張り手法としては、-2σラインや-3σラインに下値が接近、あるいは割り込んだ時に「売られ過ぎ」と判断して買いとし、逆に+2σラインや+3σラインに上値が接近、あるいは突破した時に「買われすぎ」と判断して売りとします。

 

また、ボリンジャー・バンドは拡散・収束のパターンを繰り返しますが、バンドの収束が起こった後、相場が上下いずれかに放れると、放たれた方向に大きく動き出す傾向があります。

 

そこで、順張り手法としては、ボリンジャー・バンドの収束が続いた後に、相場が+2σラインを上に抜けた時を買いサイン、-2σラインを下に抜けた時を売りサインとします。

 

設定期間は、日足で通常15~20日程度、週足では20~30週程度が多く用いられます。