ストキャスティクス


ストキャスティクス(Stochastic)は米国のチャート分析家ジョージ・レーンによって考案され、STCとも表記されます。基本的な考え方は%Rオシレーターとほぼ同様ですが、2本の線を併用する点に特徴があります。

 

ストキャスティクスは、買われ過ぎ、売られ過ぎを読み取り、さらに%K(Kライン)と%D(Dライン)という2本の線の相関関係から売買のポイントを探る手法です。期間のとり方によって計算結果が大きく異なりますが、一般的には5日間の価格推移を基本とします。

 

【Kライン】

算出されたKラインの数値は、直近の終値が過去5日間の価格変動のうちで、相対的にどの水準にあるかを%で示します。

ストキャ1

Kラインの数値の意味は、RSIと同様で、70%以上の数値なら買われ過ぎ、30%以下なら売られ過ぎとなります。しかし、RSI等とは異なり、これだけでは売買の目安としては不十分とされるため、より重要なDラインと併用します。

 

【Dライン】

Dラインとは、Kラインの数値をさらに3日間の平均にしたもので、Kラインより滑らかな動き(Kラインに遅行する線)となります。

ストキャ2

 

【STCの注目ポイント】

  • 基本的にはDラインの70%以上、30%以下が売買の基準目安となります。特に85%以上に位置した場合の売りサインや、15%以下となった場合の買いサインの信頼度は高まります。
  • 相場が上昇を続けているにも関わらず、Dラインが70%以上の位置で右下がりのダブル・トップ型となった場合の逆行現象は弱気サインと見ます。逆に、相場が下落し続ける一方、Dラインが30%以下で右下がりのダブル・ボトム形となれば強気サインとなります。
  • KラインとDラインが①の条件を満たした上で交差した場合も重要なポイントと見なされ、2つのケースが考えられます。Kラインが先に方向転換してDラインと交差する場合と、遅行するDラインが方向転換した後にKラインが追いかける格好で交差する場合です。この2つのうち、相場の転換につながる可能性が高いのは後者の方ですが、単純に交差した場合より、②の条件も満たしている場合は信頼度がより高くなります。考案者のレーン氏も、KとDが15%以下や85%以上の位置にあり続け、かつ交差の回数も3回目になると、転換サインとしての信頼度はかなり高くなるとしています。従って、新規建玉のポイントは3回目、もしくは前述のような逆行現象が現われた場合だけと割り切って使用する方法もあります。

ストキャ3

【スロー・ストキャスティクス】

KラインとDラインとの関係の動きはやや荒っぽく、見づらいという欠点があります。そこで、DラインにKラインの役目を持たせ、Dラインの代役として、より滑らかな動きをする[スロー・%D](以下、SDライン)を使う方法が考案されました。スロー・ストキャスティクスと呼ばれる手法です。SDラインの数値の求め方にはいくつかの方法がありますが、Dラインの3日間の移動平均を用いるケースが多くなります。売り・買いの転換ポイントの見方は通常のストキャスティクスの場合に準じますが、2本の線の交差3回目に注目する方法は、この場合は使わない方が得策です。通常のKラインは変化が激しいのに対し、スロー・ストキャスティクスでその代用となるDラインは敏感さで劣るためです。