CCI


CCI(Commodity Channel Index)は、手法名に「商品」が入っていますが、金融商品などにも応用ができます。このテクニカル分析手法は、平均偏差を「値動きの振幅」として定義しており、値動きの振幅に対して、現在の価格がどの程度乖離しているのかを指数化したものです。

相関とは、「互いに影響しあっている状態」のことで、1組の対になった数値が同じ方向へ向かっている度合いが大きいほど、反対方向への相関(逆相関)が強いことになります。

【CCIの計算方法】

CCI =(C-n日間中値平均)×1.5/乖離の平均

C:当日終値

乖離の平均:(n日間中値平均-当日終値)/n日間

 

【CCIの見方】

CCI (コモディティ・チャネル・インデックス)は、-100 %~+100 %を上下の指標ラインとしてランダムに動きます。-100 %~+100 %の間は、ポジションを持たないのが本来の利用法ですが、一般的にはオシレーターとして利用される場合が多くなります。この場合、+100%に接近したら売り、-100%に接近したら買いのシグナルとなります。

CCI

 

【デメリット】

オシレーター系として使用する場合、CCI が+200、-200、またはそれ以上に振れることがあり、「ダマシ」にあってしまいます。